武器が無いなら作ればいいじゃない!!

どうも、くまきちです。

練習中に「あー、君は力が強いんだね。」と言われました。どういうことかと言いますと、力が強いがために腕力のみで剣を振ってしまっているようです。

本来は、踏み込み時に足を捻ねって腰に力を伝達、腕の振りに合わせて全身で剣を振ります。そうしているつもりでしたが、どうやら腕主体で剣を振っていたようです。

マズイ、剣道を始めたての頃に変な癖をつけて後々苦労した思い出が蘇る…。

そこで先生から頂いたアドバイスは、重い剣を振る事。重いと腕だけでは辛いから、全身で振るようになるとのこと。うーん、スパルタ。でも嫌いじゃないぜ!!そういうの。

という事で、重い剣で素振りがしたい。シンセティックソードは持っているけど、樹脂製だし重心が柄の方にあるからビュンビュン振れちゃう。これじゃ意味がない。

意識して腰から振っても「全身で振る」の感覚がつかめない。足が短いせいか、胴が長いせいか。…同じか。

早速、Amaz〇n先生にお願いして素振り用のアイテムを探す。「素振り用 木刀」…検索。

  • 素振り用木刀【2.5㎏】9,800円
  • 素振り用木刀【1.5㎏】5,800円
  • 素振り用竹刀 フリセンマグ〇ム【1.0㎏】9,800円

フリセンマグ〇ム…懐かしい。剣道部の部室にもあったわ(笑)

てか、どれも値段が高い!!ティンタジェルで売ってる金属製の剣と大して変わらないじゃん。

いや、どれも適正価格だとは思いますよ。木刀の材料も貴重になってきてるって聞くし、市場はそこまで大きくないもんね。うん、わかるよ。

でも!!今の私には!!お金が無い!!イエーイ!!……ハァ…。

仕方が無い。作ろう。いずれ甲冑も作ろうと思っているんだ。練習道具くらい自作できないでどうする。

ついでに言うと、ソード&バックラーの練習用にショートソードと小さな盾が欲しいからそれも作ろう。自主練用の装備だから、そこまで頑丈に作らなくてもよいだろうし、なんとかなるだろう。

という事で、素振り用のロングソード、ショートソード、バックラー(小さい盾)の作成が決まりましたー。ドンドンパフパフー♪

作成過程は随時このブログにアップしていきたいと思います。

まあ、フツーのDIY記事になるだろうけどね。

それではこの辺で、Bye for now~♪