アーマードバトルの大会「STEEL!」を観戦してきたよ

どうも、くまきちです。

11月26日に行われたアーマードバトルの大会「STEEL! Tokyoオープン・チャンピオンシップ」を観戦してきました。

STEEL!とは、ジャパンアーマードバトルリーグの公式大会で、毎年3回行われています。

甲冑と武器、金属と金属の激突する様は迫力満点です。

間近で観る大迫力の試合

競技種目は、片手剣に盾を持って戦う「ソード&シールド」、長い両手剣で戦う「ロングソード」、両手斧や薙刀など長い柄の武器を扱う「ポールアーム」、この3種目です。

とにかく席が近い。試合はもう目の前で繰り広げられます。もはやぶつかり合う金属音がうるさい(笑)。金属同士をぶつけるから高音域が耳を貫きます。

明らかに生身だと死んでるよあれ。

私のクラスではまだやりませんが、公式戦ルールだとパンチ、キック、投げ技ありです。頭突きもありだよ。頭突きありとかプロレス以外で初めて聞いたよ。ヘルム着けてるから顔が切れたりする心配は無いけどね。

次の写真は選手が投げられた時のキャプチャー。とても辛そう。

柔道の授業で投げられた時でも結構きつかった思い出がありますが、体重+甲冑30㎏ですからね、相当な衝撃が来るかと思います。やられたくない…。

もっと酷いのは2人で共倒れ。上から120㎏オーバーの鎧をまとった人間が降ってくる。絶対にやられたくない…。

信頼と実績の養生テープ

そして長丁場のトーナメント戦が続く中、あるものが登場しました。

それは!!ポリエチレンクロス製養生テープのパイオニア、ダイヤテックス製養生テープ!!

説明しよう!!養生テープとは、スプレー塗装などをする時に汚れてほしくない場所に張り付けて保護する目的で使うテープなのだ。

えっ?なんでそんなもの使うのかって?長丁場のトーナメント戦ですから試合中に鎧が壊れたり、固定用のストラップが切れたりするんですよ。

バンバン試合を消化していかないといけない中で、修理が間に合わない!!そんな時こそ養生テープの出番。包帯の様にグルグル巻きにして固定します。下のキャプチャがそのシーンです。

ヘルムやフェイスガードが壊れた場合は、もちろん頭をテープでグルグル巻きにします。まるでミイラ(笑)。ロマンが無い?いや、現実味があっていいじゃん。むしろ潔くテープをグルグルする辺りに共感すら持てる(笑)

来年はライセンスを取得して私も出場したいなー。それまでにはクラスアップと甲冑を1領用意しないとなー。先は長いなー。まあ、気長にやっていきます。

最後に、試合の模様は下のURLからすべて見られます。興味のある方はチェックしてみてください。

それでは、Bye for now~♪