初の自転車旅と成功体験 2日目(前編)

前回のお話「初の自転車旅と成功体験 1日目」http://kumakichi.oops.jp/archives/55

緊張の朝、出発の朝です。今日は遂に鎌倉から池袋までのツーリング結構日です。7時にセットしたアラームで目覚めて、少し伸びをしたらリビングに向かいます。朝ごはんを食べながら、友人と自転車旅のルートを再度確認していきます。

なんと、初の自転車旅という事で友人がウェアをくれました。長距離を走ってもお尻が痛くならないようにパッドが入ったものです。それも私の好きな青系です。いやぁ、感激です。

早速ウェアに着替え、荷物を詰めたバックを背負い、朝の9時に出発します。長旅を共にする自分の自転車に跨りひと言。

「やべぇ、ケツ痛い。」

昨日の練習時にお尻の内側にダメージが蓄積していたようです。パッド入りのウェアを履いているとはいえ、内側から来る痛みは如何ともしがたい。友人曰く「神は乗り越えられない苦難をお与えにならない。頑張れ(笑)。」

いや、乗り越えるどころか乗るとケツ痛いんですが…。

開幕早々のハプニングに一抹の不安を感じつつも、先導してくれる友人に着いていき鎌倉から国道1号線に出る道をひた走ります。しかし、鎌倉から出るにはどうしても坂道を登る必要があります

「一番傾斜が緩い道行くから。」そう言われて着いていった坂道は、確かに昨日の練習より傾斜が緩い。ありがたいと思ったのは最初の数分。漕げども漕げども、終わりが見えない!!漕げども漕げども、坂、坂、坂ぁっ!!

登り切った時にはへとへとです。なんだか昨日よりも疲労感がすごい。どういうことだ?

「いや、荷物背負ってるからでしょ(笑)」

友人に言われて気付きます。昨日は友人宅に置いていた登山用リュックサックを今日は背負ってます。タブレットが入ってるから重い!!背中から汗が揮発しなくて辛い!!これは想定外…。

下り坂で加速し、勢いを付けて最後の坂を上り切ってコンビニで休憩することに。そこでカロリーメイトと水を買おうとしたとき、友人があるものを勧めてきました。

それはなんと「練りようかん」!!コンビニでよく売っているスティックタイプの小さな練りようかん。これが疲労時にはガツンと効きます。何せ油分無しの糖分の塊。疲労感が一気に和らぎます。

休憩が終わったらひたすら平地をひた走ります。25キロくらいは速度が出ます。とっても快適です。風が気持ちいい。

11時頃には1号線に到達しましたが、友人が「広い道は久々だから飛ばしたい。」と言ってそのまま先導を続けます。友人よ、あんまり速度を上げないでくれ。体力の問題というより道交法的にヤバい。

絶好調の友人に必死に着いていくこと1時間。お昼になったので、通りがかったすき家で昼食を取ることにしました。ここでもトラブル発生。自転車を降りると股間に強烈な違和感…。

「やべぇ、ち〇こ痛ぇ…。いや、マジ痛ぇっ!!」

痛みの正体はうっ血でした。ウェアのパッドと身体の間に挟まれたせいで血流が滞っていたのです。エレベーターに乗っていて気圧が下がった時に耳が痛くなるような感覚に近い!!それを50倍くらいにしたような苦痛がち〇こに襲い掛かかる!!

私、悶絶。友人、爆笑。
「あるある~。人によって合うサドルは違うから~(爆笑)。」
あるあるネタなら先に言えよ(泣)当然、昼飯は奢ってもらいました。もちろん特盛です。ハイ。

「それじゃあ、ここでお別れだな。」
昼食を取り終わり、準備を整えた所で友人が言います。
そうです、ここからは自分一人で行かねばなりません。不安でないと言えばウソになります。不安で堪らないかといえば、疲れてそれどころじゃありません(笑)。

まだ道のりは2/3近く残っています。さて、私は無事に家までたどり着けるのか?飲み会には間に合うのか?

後編へ続く。